産業リーシングで一緒に働きませんか?

巨大なクレーンが活躍する大規模建設の現場。産業リーシングの新入社員にとっては、生まれて初めての体験の連続です。戸惑いながらも次第に現場の魅力を発見した若手社員のコメントをご覧ください。

東京営業部 K

社会に貢献する影の立役者。これが、私が考える産業リーシングの大きな魅力の一つです。タワークレーンはビルやマンションを建てるための機械ですが、それは同時に「これからの日 本の未来を創る機械」でもあるのです。実際、先輩方は皆、日本のため、会社のためにプロフェッショナルとしての自覚と誇りを持って働いています。 そのような環境の中で、日々刺激を受けながら働いています。

経理課 N

うめみのテクノセンターに配属時の出来事です。現場に出荷予定のクレーンを整備する機会がありました。最初は未経験の私たちで出来るか不安でしたが、先輩や協力会社の方達がしっかり教えて下さり、最後までやり遂げることができました。
産業リーシングでは全部署、協力会社さん達との連携を大切にしていく会社です。

東京営業部 F

研修中にクレーンを整備させて頂く機会がありました。機械の整備や電気図面を見るなどといったことをしたことはこれまでなく、全く知識のない状態だったため、非常に不安に感じることも多かったですが、センターの方々や協力会社の皆さんが丁寧に教えて下さったおかげで、なんとか最後までやり遂げることができました。様々な人が協力し、仕事をやり遂げた時の達成感はとても大きく、この素晴らしいチームの一員として仕事ができることが、この会社の魅力だと思います。

技術部 M

就職活動の時、ちょうど大学の新校舎をタワークレーンで建てていました。タワークレーンはどうやって建物の上まで昇り、降りていくのだろうと思ったのが産業リーシングに入社したきっかけです。また、説明会や入社前の研修で社員の方がそういった疑問をとても親切に教えて下さって、雰囲気が良かったのも入社を決めた要因の一つです。