機材のレンタルはもちろん、施工計画立案、運行業務受託など、クレーンご利用にともなう、さまざまなご要望にお応えします。

ご挨拶

当社は、1972年に住宅建設の工業化に資するため、建設省や通産省(いずれも当時)の肝入りにより、PC板製造設備(サイドプラント)やタワークレーンのレンタル、メンテナンスおよびオペレーティングをする目的で設立されました。重機メーカー・建設会社・金融機関からのご出資をいただき、住宅建設コストの低減や量産システムに大いに貢献してまいりました。

1968年には、超高層ビルの先駆けとなる霞ヶ関ビルの竣工により、オフィスビル・マンションの高層化時代の幕開けとなり、当社はこれら超高層建設のニーズにお応えすべく、いち早く大型タワークレーンを豊富に揃え、国内唯一のタワークレーンレンタルのパイオニアとして地歩を築き歩んでまいりました。
近年では、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・勝どき晴海地区の湾岸サイトの再開発等の超高層ビル群、東京湾アクアライン・中央線高架橋新設工事をはじめとする主要な高速道路等におきましても、当社のタワークレーンが大きな活躍をし、超高層ビルや大規模なインフラ整備の現場で貢献しております。

1997年11月には、タワークレーンのレンタル業界では初めての「ISO9001」の認証を取得して、品質管理システムを確立しました。
『安全で、よい仕事をして、お客様の満足と信頼を得よう』の品質方針を定め、常に『安全確実な仕事をして、お客様に信頼していただけるよう』日々努力を重ねて、社業の発展をはかり、建設業の安全施工に貢献することを基本理念としております。
当社の強みは、なんと言ってもタワークレーンのレンタルにとどまらず、クレーンの設置から解体にいたるまでの計画・設計段階から、組立・クライミング・解体、運行保守管理、タワークレーンの整備と販売に至るまで、『タワークレーンの総合エンジニアリング会社』として、社内に多くの精鋭専任スタッフを擁しております。
40年余に亘り蓄積してまいりました技術力とノウハウを駆使し、今後とも『お客様のよきパートナー』として、社業に専念してまいりますので、一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

社名 産業リーシング株式会社
INDUSTRIAL LEASING CORPORATION(ILC)
設立 1984年2月24日
資本金 9,990万円
事業所 本社: 〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3丁目4番地3
龍名館本店ビル7F
TEL:03-5207-7061 FAX:03-5207-5015
大阪支店/
かなんテクノセンター:
〒585-0021
大阪府南河内郡河南町持尾800番地
TEL:0721-90-2211 FAX:0721-90-2322
うめみのテクノセンター: 〒367-0233
埼玉県児玉郡神川町二ノ宮字東駒形808番地8
TEL:0495-74-2100 FAX:0495-74-2103
役員 代表取締役社長 村田 和隆
取締役副社長 吉川 和宏
(技術施工本部長 兼総括事業戦略担当 兼統括安全品質管理者)
常務取締役 木下 昌吉
(営業本部長 兼西日本事業統括)
取締役 石田 将直
(営業本部 東日本営業部長)
取締役 金谷 竜美
(非常勤)
監査役 松浦 史和
(非常勤)
常務執行役員 植野 千恵美
(総務人事部長 兼営業本部事務センター長)
常務執行役員 越川 洋一
(財務部長 兼原価管理統括)
執行役員 重城 真一郎
(技術施工本部工務部長 兼安全品質部長)
執行役員 長谷川 稔
(テクノセンター総括)
主要株主 (アルファベット順)敬称略
ヒロセ IHI運搬機械 鹿島建設 前田建設工業
日本トラスティ・サービス信託銀行 大林組 オリックス 昭和リース
清水建設 損保ジャパン日本興亜 大成建設 竹中工務店 東京海上日動火災保険
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 商工組合中央金庫
千葉銀行 あおぞら銀行
建設業許可 国土交通大臣 (般-28)第10920号
とび土工工事・機械器具設置工事業
クレーン製造許可 ホイスト式天井クレーン 埼玉労働局許可 第1726号
ホイスト式橋形クレーン 埼玉労働局許可 第1729号
テルハ 埼玉労働局許可 第1730号
加入団体 東京商工会議所 (一社)日本建設機械施工協会 (社)日本クレーン協会
(一社)日本建設機械レンタル協会

事業内容

  1. タワークレーン、ジブクレーン、エレベーターおよびクレーン周辺機器のリース・レンタル・販売
  2. タワークレーン等の設置計画・設計
  3. タワークレーン等の組立・クライミング・解体工事
  4. タワークレーン等の運行保守管理
  5. タワークレーン等の整備・修理・保守点検サービス
  6. タワークレーン用水平ステ-、仮受梁、仮設構台等の部品・部材の設計・製造・販売
  7. 橋形クレーン、天井クレーン、テルハの設計・製作・販売
  8. 建築工事仮設計画・施工業務
  9. 整備・メンテナンス機器のリース・レンタル・販売

沿革

1972年2月 国民の切望する住宅問題に取り組むべく開発された、工業化工法によるPC板製造設備やタワークレーンを建設期間中に、メンテナンスおよびオペレーティング・リ ースをして、建設費の低減化を図り住宅を円滑かつ迅速に提供する目的として、当社の前身「日本住宅産業リース株式会社」を設立(資本金332百万円)本社:東京 都千代田区大手町、工場:神奈川県茅ヶ崎市
1972年9月 大阪営業所を開設
1974年10月 大阪営業所のモータープールを開設
1975年7月 大阪営業所を大阪支店として改称
1975年10月 茅ヶ崎工場を東京都西多摩郡小作町に移転(西東京工場)
1975年11月 本社を東京都千代田区三崎町に移転
1977年8月 建設業 東京都知事 般52―第47850号を登録
1978年10月 西東京工場を神奈川県津久井郡城山町に移転(相模工場)
1984年2月 当社(産業リーシング㈱)を設立
1984年4月 日本住宅産業リース株式会社から営業譲渡を受け、タワークレーン、ジブクレーンの営業を開始
1984年6月 建設業 建設大臣 般59―10920号を登録(とび・土工工事業、機械器具設置工事 業)
1986年11月 大阪支店および大阪工場を統合して大阪支店と改称し、大阪府羽曳野市に移転
1995年7月 埼玉県嵐山町に『嵐山テクノセンター』が竣工して、相模工場を移転
(総面積 20,642.59㎡・整備棟 928.83㎡・事務所棟 535.16㎡)
建設機械レンタル業界で初めての『ISO9001』を㈱マネジメント評価センターから認証取得(登録番号 MSA-QS-12)2001年10月2000年版に移行
1998年10月 大阪府河南町に新『大阪支店』が竣工して、羽曳野市より移転
(総面積 20,640㎡・整備棟 420㎡・事務所棟 524㎡)
2003年7月 本社を、東京都千代田区神田駿河台に移転
2007年4月 埼玉県神川町に『うめみのテクノセンター』が竣工(総面積 113,550㎡・整備・ 製缶棟 2,403㎡・倉庫棟他879㎡・事務所棟 802㎡)
2009年6月 大阪支店を、大阪府大阪市西区西本町に移転
旧大阪支店を『かなんテクノセンター』に名称変更
2010年7月 ホイスト式天井クレーン製造許可を取得
2011年1月 うめみのテクノセンターに「太陽光発電」を設置
2011年6月 ホイスト式橋形クレーン製造許可を取得
2011年7月 テルハ製造許可を取得
2012年7月 大阪支店を南河内郡河南町へ移転
2012年9月 うめみのテクノセンターに1万5千坪の土地(新宿工区)を購入
2012年12月 ヒロセ株式会社との資本業務提携を締結
2013年12月 ヒロセ株式会社 転換社債型新株予約権付社債の転換
2014年7月 国内最大級のタワークレーンJCL1000NK(北川鉄工所)を導入
2015年10月 不燃膜材を使用した塗装用移動開閉式テントを京浜テックと共同開発
第一号を当社うめみのテクノセンターに設置